写真は計画している車庫の模型です。
模型を作ってみると、とてもわかりやすいので、見ながらいろいろと検討しています。ただ、昨夜はイイ感じだと思ったのに、次の日に見るとちょっと違うかなと思うのは同じで、模型を作ったからと言って、すぐに答えがでるわけではないので、やはり悩む。今は3Dや2DのCADを使って庭や外構の図面を描いていて、3DのCADは、高さや寸法を入力して、立体の絵を起こすので、実際とほぼ変わらずで良いのだけれど、どうもしっくりときていない。模型は、作るのも時間が掛かるし、逆行するようだけれど、とてもわかりやすいので、これからも作っていきたいと思っていて、特に新築の外構なんかは模型でなんとかできないかなと現在試行錯誤しています。
あと、今回は木のカーポートですが、通常のLIXILや三協立山などのアルミのカーポート工事も御請けしていますので、そちらの方もお気軽にご相談ください。

カーポートの柱部分の金物をメッキ塗装しているところ。塗った直後なので色ムラです。 既製品でも似たようなものがありますが、 今回のカーポートには 少しゴツかったので、金属加工会社で作っていただきました。