愛知県の扶桑町で新築の外構工事をさせて頂きました。他県の方からも依頼をいただき嬉しいです。(扶桑町だと事務所から20分くらいなので、むしろ近いです)

今回は敷地が変形地ということもあって、玄関ポーチや駐車場のコンクリートは、角度をつけたり、丸くしたりして、建物と敷地のバランスを取りました。少しのことで印象も違うので、こういうのは大事だなぁと考えています。あと施主の要望のひとつ「木陰」は、敷地の真ん中に植えたヒトツバタゴが担っていて、すくすく育って 近い将来 木陰を落としてくれると思います。

庭の方は、施主がゆっくりと作庭されるそうですが、パン窯にかける屋根は近い将来ご依頼いただけるようで、楽しみにしています。